スポンサードリンク


2021年01月01日

競馬学概論_「STILL SEARCHING FOR POSITIVE RETURNS AT THE TRACK」の翻訳01

ふたたびulysseusです

STILL SEARCHING FOR POSITIVE RETURNS AT THE TRACK:
EMPIRICAL RESULTS FROM 2,000 HONG KONG RACES

の直訳です


Abstract:概要

The Bolton and Chapman (1986) multinomial logit modeling approach to handicapping horse races is extended to a new setting with much more sophisticated handicapping factors and a larger database.

ボルトンとチャプマン(1986)のハンディキャップ競馬への
多項ロジットモデリングアプローチは
(かなり洗練された)
ハンディキャップファクターと
(さらに増大な)
データベースを備えた
新しい設定に拡張されています。


Applying a 20-variable pure fundamental multinomial logit handicapping model to 2,000 Hong Kong races yields clear evidence of positive returns to win betting with a simple single unit bets strategy in holdout sample predictions.

20変数の単純な基本多項ロジットハンディキャップモデルを
2,000の香港レースに適用すると、
ホールドアウトサンプル予測で
(単純な単一ユニットの賭け戦略)単勝馬券を使用し
(賭けに勝つための)プラスのリターンの明確な証拠が得られます。


By eliminating extreme longshots with estimated win probabilities less than 0.04, expected returns in excess of 20% are observed.

推定勝率が0.04未満の極端なロングショットを排除することにより
20%を超える期待収益が観察されます。

posted by ulysseus at 14:41 | Comment(0) | 競馬学概論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ulysseus 作『ほぼ週刊 競馬つれづれなるままに』は
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

楽天ウェブサービスセンター