スポンサードリンク


2019年03月15日

馬連方程式2.0 推理のセオリー3

こんばんは ユリシーズです

今回はヒストグラムについて考察します


まずは 中山芝1800戦に出走した

全馬の分析値(着順に変換済み)の

ヒストグラムが下表になります

0313表01.png

3.0着〜3.9着をピークに

やや左側にずれたベルカーブになっています


続いて重要オッズ連対時のヒストグラム(表2)

0313表02.png

表2から着順に変換済み分析値の6.0着以下は

累積相対度数で約6%なので消去の対象とします


そして肝心の軸は階級2.0着〜4.4着で

相対比の高い2.5着〜4.4着から

どの階級を軸とするか次回の検討対象とします




次に続く



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
posted by ulysseus at 23:19 | Comment(0) | 馬連方程式2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ulysseus 作『ほぼ週刊 競馬つれづれなるままに』は
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

楽天ウェブサービスセンター