スポンサードリンク


2019年03月13日

馬連方程式2.0 推理のセオリー2

こんばんは ユリシーズです

前回の終わりに

「 重要オッズ(馬連20倍以上)」なる文言が出てきましたが

これについて説明いたします


例として挙げた 中山芝1800戦は82レースあり

その馬連の配当の記述統計量が


配当の平均:5,735円

配当の最小値:170円

配当の最大値:94,740円

配当の中央値:1,910円

配当の第1四分数:1,133円

配当の第3四分数:4,800円

配当の四部位範囲:3,668円


という結果を受けて2,000円以上としました


「馬連の重要オッズを3,000円以上でも良くない?」

というご意見もありましょうが

30年以上馬券を買い続けてきた中で

破産もせず夜逃げもせず

ソコソコ暮らしてこれた私の感性に

一任していただければ幸いです(苦笑



次に続く



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ



posted by ulysseus at 22:05 | Comment(0) | 馬連方程式2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ulysseus 作『ほぼ週刊 競馬つれづれなるままに』は
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

楽天ウェブサービスセンター
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。