スポンサードリンク


2019年02月13日

馬連方程式2.0の実践例2

ふたたびこんばんは ユリシーズです

続いてクイーンカップを例に
重回帰分析について書きたいと思います

0211クイーンC.png

上記下段の表が重回帰分析になります

これは着順を目的変数としていますが「印」欄に
着順とは似ても似つかない数字が
記載されていますが
解析上の結果をそのまま表記しています

0に近ければ1着で
数字が大きくなるにつれ
着順が悪くなる
そういった寸法です

今回は上位6頭が連対圏内で
基本はここから馬券を組み立てるのが筋で
ロジスティック回帰で0.5以上で
重回帰分析1位の6番を軸に
5頭に流すのが基本的な買い目になります

しかし
今回馬券はそう買わずに
4番を軸にしたワイド6点買いにした訳は...


必ず逃げるであろう4番が
重回帰分析で3着圏内にいたからで...
東京芝1600戦は
人気薄の逃げ馬が残ってしまうので...
例えば4年前のミナレットとか...(苦笑



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ


posted by ulysseus at 19:22 | Comment(0) | 馬連方程式2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ulysseus 作『ほぼ週刊 競馬つれづれなるままに』は
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

楽天ウェブサービスセンター