スポンサードリンク


2016年06月03日

第69回 鳴尾記念 6/4(土)の予想

ふたたび こんばんはulysseusです

第69回 鳴尾記念を
着順方程式で検討します検討します


阪神芝2000戦の「着順方程式」

 6枠10番ヤマカツエース 1.77
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
 7枠12番ステファノス 3.23
 3枠3番サトノノブレス 3.41
 5枠7番パッションダンス 3.62
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
 1枠1番メイショウナルト 5.13
 3枠4番アズマシャトル 5.96
 6枠9番マジェスティハーツ 6.87
 4枠6番トラストワン 7.11
 8枠13番クランモンタナ 7.16
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
 7枠11番フラガラッハ 8.68
 5枠8番メイショウカンパク 9.15
 2枠2番プランスペスカ 9.33
 4枠5番アクションスター 9.65
 8枠14番フレージャパン 9.69


と なりました

鳴尾記念の夏開催に移行した後の傾向として
Jさまはこのように述べられています

思い起こせば1年前
ラブリーデイを本命にし
穴を狙うなら 前走オープン出走か
ハーツ産駒と書きながら 見事に外している手前
あまり偉そうな能書きも書きにくいのですが...


6枠10番ヤマカツエースは
本筋ですが カラム比から見てみると
限りなく飛びそうな比率になりました

別の見方をすると
このレースで ヤマカツエースが連対
もしくは3着を確保するとなると
今年の3回阪神は意外に固い傾向に
収まるのかなぁ
つまり 傾向どおりの開催になると
考えています

まぁ 外枠で4歳馬で重賞実績も
福島記念に京都金杯と申し分なく
近年の農林水産省賞典では欠かせない存在で
サイン的にも・・・なんで
全力で本命にしたいところですが(笑

このレースの肝は馬場状態にあると見立て
今回は高速馬場になっていると仮定し
前走で4角を8番手以内で回った馬
もしくは 逃げ先行馬を軸に据えたいと
思う次第です


本命は
 3枠3番サトノノブレス

6歳馬で内枠で・・・消し材料満載ですが
あのナタのような安定した切れ味
もとい上がりは
前目の競馬で生きると見立てました


相手は
 7枠12番ステファノス

不安を挙げるとすれば
洋行帰りで検疫が心配です


押さえで
 1枠1番メイショウナルト
 3枠4番アズマシャトル
 6枠9番マジェスティハーツ


穴で
 7枠11番フラガラッハ
 5枠8番メイショウカンパクまで



本線
 枠連 3−7



 枠連 3−(1・3・6)


追伸
 7枠フラガラッハの法則(プラスマイナス4枠)で
 3枠を軸にした訳ではありません(笑


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ




posted by ulysseus at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ulysseus 作『ほぼ週刊 競馬つれづれなるままに』は
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

楽天ウェブサービスセンター
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。