スポンサードリンク


2013年12月29日

第59回 東京大賞典のサイン読み予想 その4

その3よりつづき

オッサンの駄文にお付き合い頂きまして 恐縮です

第59回 東京大賞典のサイン読みで取り上げたいサインは
「東京」
を連想できる枠と見立てました(苦笑


結論から書きますと3枠3番プロディージュが出走取消となり
ますます「東京」サインが濃厚とみています

なぜなら 3枠3番プロディージュの前々走が
「渋谷区の妖精あいりっすん賞」と とぼけた名前の特別戦ですが
渋谷という東京を連想できるレースにでた馬が出走取消なら
素直に東京を連想できる馬を探しましょう・・・と言う事です


東京都目黒区「大橋」・・・
 大橋厩舎の6枠6番ニホンピロアワーズ

江東区「森下」・・・
 森下厩舎の8枠10番プレティオラス


この6枠か8枠 どちらかが連対すると見立てたのですが...



本線 3連単フォーメーション
 6−5−(4.6.9.10)

抑え 3連単フォーメーション
 5−(4.6)−(9.10)

穴 3連単フォーメーション
 5−(9.10)−(4.6)



posted by ulysseus at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ulysseus 作『ほぼ週刊 競馬つれづれなるままに』は
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

楽天ウェブサービスセンター
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。