スポンサードリンク


2013年12月27日

第59回 東京大賞典のサイン読み予想 その1

こんばんはulysseusです
個人的な話で恐縮ですが 東京大賞典には苦い思い出があります


1991年当時 サイン読みに嵌っていた私は
この年の暮れの東京大賞典の馬柱を観た時
サインが読み解けたと 一人興奮した事を昨日の事のように思い出します


今ではどういう理由で枠連4-7一点と言う買い目に決めたのか定かではありませんが
前の晩には 枠連4-7一点に10,000円の大勝負に打ってでる事を決め
興奮して寝付けなかったのです(汗

ただ なぜ7枠だったのか...これだけはハッキリと覚えています
10頭立てで7枠にはボールドフェイスとレインボーアカサカ
東京大賞典というタイトルレースなら東京の地名が似合う
そんな理由で7枠を選んだ事は 覚えています(苦笑

続く...




posted by ulysseus at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ulysseus 作『ほぼ週刊 競馬つれづれなるままに』は
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

楽天ウェブサービスセンター
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。