スポンサードリンク


2013年10月27日

天皇賞(秋)のサイン読み馬券part2 その3

おはようございます ulysseusです
天皇賞(秋)のサイン読み馬券part2その1はこちら

天皇賞(秋)のサイン読み馬券part2その2はこちら

何度も しつこいようですが 勝ち馬投票券のご購入は
皆さんのご判断にお任せ致しますので...


長くなってしまったので結論から書くと
ドバイまで行って 宝塚記念の3着賞金だけでは
到底 元は取れないであろう
5枠9番ジェンティルドンナを買うのが筋という
今回のサイン読みのオチです

土曜のスワンステークスでは
近走 成績が振るわず 専門紙でも
久々の分と馬場状態では割引が必要と見られていた
サダムパテックですが専門家の目を欺くように
2着馬とはクビ差という 複勝900円台の穴となりましたね



前章の終わりに 洋行(海外遠征)帰りについてお話ししましたが
日本生産馬の海外輸出を軸に 日本国内での生産活動を
活発にさせる狙いがあるとすれば まずは セールスマンとして
日本の競走馬が海外のレースに参加し
日本生産馬のレベルの高さを知ってもらう

知ってもらうには 積極的に海外のレースに
参加してもらいたいのでけれど
遠征に伴う諸般の事情を考慮してJ様が
帰国後に「ボーナス」を用意している...


チョット 重いサイン読みとなりましたが
もし外傷を負わずに出走してきていたならば
第148回天皇賞(秋)は ダークシャドウを本線に据える予定でしたが
回避してしまったために 次走に期待しています


また 5枠9番ジェンティルドンナですが
とりあえず牝馬ですので これ以上の肩書は必要ないと思いますが
宝塚記念優勝馬という称号より天皇賞馬と言う称号の方が
馬主さん的にも箔が付くものなのではないのでしょうか?(汗

後はもう少し捻って凱旋門賞繋がりで 池江泰寿師の4頭出しで
内枠を引いた6歳馬 2枠4番トゥザグローリーでしょうか

もしくは池江泰寿師繋がりで
前走で騎乗の戸崎騎手を持ってきてもよかったのに
短期免許のメンディを起用した5枠10番トーセンジョーダンまで




本線
 単勝9番


抑え
 複勝4番・10番

 枠連 2−5,5−5

posted by ulysseus at 08:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ulysseus 作『ほぼ週刊 競馬つれづれなるままに』は
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

楽天ウェブサービスセンター