スポンサードリンク


2011年11月02日

ルドルフとラモーヌ おまけでオルフェーヴル

私が3冠馬と聞かれて 真っ先に思い浮かべるのは

牡馬なら シンボリルドルフ

牝馬なら メジロラモーヌ

なんですね(苦笑


2011年の今年 何頭目かの牡馬3冠馬が

誕生したようですが...

北野ミヤさんは 何を思ったか...



決して 池添騎手がどうだとか

それこそ 品格だの歴史だの

つべこべ言うつもりもありません


ただ単純に私は

青鹿毛のメジロラモーヌの

目よりも漆黒な馬体と

凛とした姿に魅了されました


メジロラモーヌは 牝馬での年度代表馬には

なれませんでしたが

オルフェーヴルと池添騎手には

外野を黙らせるためにも

有馬記念でも スッキリ勝って

今年の年度代表馬になってもらいたいですね
posted by ulysseus at 02:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬学概論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ulysseus 作『ほぼ週刊 競馬つれづれなるままに』は
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

楽天ウェブサービスセンター