スポンサードリンク


2011年06月19日

格言馬券 今日の予想(06/19版)

私が馬券を買い始めた17歳の後楽園の場外

なれなれしく近づき 当時では珍しいセカンドバッグの

その中身をここだけの話と言いつつ これ見よがしに見せつけるコーチ屋や

うらぶれたサラリーマン風の体裁で 少しお話しをと言いながら

眼光鋭く慇懃無礼に近づく私服警官など

そんな海千山千が右往左往していた時代の話


当時は単・複・枠連しかなく

勝馬投票券の売上構成比率90%強が枠連で

まさに枠連全盛だった時代に

同一厩舎の2頭出しと休み明けの格言

と 言うものがあった


その馬券術は

同一厩舎の枠と休み明けの馬のいる枠とのたすき掛けを購入し

同一厩舎同士の枠や休み明け同士の枠のタテ目は買わないという

宮城氏考案?のAB=XY法のアレンジの様なものである


当時と今を比べると 一レースあたりの出頭頭数も変化し

勝馬投票券の種類も増え それに伴い売上の構成比率も変わり

一方で 社台グループ等の有力馬を抱える厩舎も偏りが目立つ昨今

その格言が今も有効かどうかと問われると甚だマユつばモノだが

28頭立のダービー当時の7・8枠不要論よりは

まだ信頼できるのではないだろうか



今日 06/19(日) 今日の予想


阪神11R 第16回マーメイドステークスGV


「同一厩舎の2頭出しと休み明け」の格言でいけば

畠山厩舎の2・7・8枠と

休み明け緒戦の5・6枠のたすき掛け

枠連 2=5・2=6・5=7・5=8・6=7・6=8

の 6点になるが

今日は 阪神芝1800メートル以上のレースで

5番人気以内に支持された時に8割弱の勝率を挙げている

佐藤哲三騎手騎乗の

8枠13番プロヴィナージュを本命にしたい


3連複18点を本線に

1−13−(2・3・4・6・7・9・10・11・12)

8−13−(2・3・4・6・7・9・10・11・12)


抑えで抜け目の3連複16点

1−6−(2・3・4・7・9・10・11・12)

6−8−(2・3・4・7・9・10・11・12)


穴で格言馬券の枠連

2=5・2=6

まで
posted by ulysseus at 07:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ulysseus 作『ほぼ週刊 競馬つれづれなるままに』は
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

楽天ウェブサービスセンター