スポンサードリンク


2010年02月01日

競馬学概論_先見的確率(3)

では なぜ先見的確率にならないレースが

ほとんどなのでしょうか


前回前々回書いたように

中央競馬では勝ち上がりが基本で

一レースでも早く勝ち上がり

賞金の高い上のクラスを目指している訳で

当然厩舎側も より勝てる可能性のあるレースを選んで

出走させてきているのだろうと思います

少なくとも私が調教師であればそうしますし...


つまり 標準モデルの先見的確率の条件の

1.出走各馬の能力がほぼ同じで

2.どの馬にも勝つ機会が均等にあり

だから 無作為に(ランダムに)勝ち馬が決まる

という部分が 厩舎側の起用意図と食い違うからだと考えます


しかし 標準モデルに沿った

無作為(ランダム)な起用と厩舎側の起用意図について

次回 少し視点を変えて考察して見たいと思います

posted by ulysseus at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬学概論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ulysseus 作『ほぼ週刊 競馬つれづれなるままに』は
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

楽天ウェブサービスセンター