スポンサードリンク


2009年12月04日

競馬学概論_騎手の得手不得手

私が競馬を始めた頃から...というより以前から

「馬7人3」という格言のような事が言われています

確かに 芝1200mで出脚の悪い馬に

武豊騎手や安藤勝己騎手 内田博幸騎手が騎乗しても

なかなか勝つことは難しい事は 想像しやすいですね


でも「馬7人3」の「人3」が大きなファクターに

なる状況あるとすれば...

と 言うことで こんなデータを取ってみました

阪神ダート.xls


これは 2008年1月から前開催までの

阪神競馬場におけるダート1600m以上のレースで

1番〜5番人気になった騎手の

3着内率(複勝率)になります

(一応 騎乗数が3以下は削除しています)



今週 ジャパンカップダートで

ルメール騎手が 1番〜5番人気までに支持されたのなら

5枠9番 ゴールデンチケットから総流し大作戦(笑

って感じですね
posted by ulysseus at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬学概論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ulysseus 作『ほぼ週刊 競馬つれづれなるままに』は
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

楽天ウェブサービスセンター