スポンサードリンク


2019年01月11日

馬連方程式2.0

こんばんは ユリシーズです

今晩は私の予想理論「馬連方程式」についてお話したいと思います

なんちゃって多変量解析からの「馬連方程式」ですが
中身は重回帰分析で1着からビリまでを
モデル式から推定するものです

重回帰分析では寄与率という物があり
この「馬連方程式」は0.4強と
自分で言うのもなんですが
まあまあ優秀な値と思っていました(笑

何せ香港で私がやっているファンドラップの
いわゆるIFAの運用実績(0.36)よりよかったので...

しかし 問題は寄与率がいいから馬券が
馬鹿みたいに当たると言う訳はなかったと言うことで・・・

つまり 上位3〜5頭の順位を的確に推定したいのに
実際は下位順位の推定の精度が良かったかもしれない
というジレンマに陥っていました

そういった訳で 約一年
もう一度モデル式を構築するためにお休みを頂いた次第です


そして今回「馬連方程式2.0」はロジスティック回帰を取り入れました
前々からロジスティック回帰は意識していましたが
エクセルの分析ツールには用意されておらず
Rなどの言語でプログラミングをするしかなかったのですが
今回 エクセルで偏回帰係数や対数尤度やら
1/(1+exp(-sumproduct($---,---)))等の数式を
半べそをかきながら計算しています(汗

と言うのも 本来はpython3でプログラムを組めば
簡単にできる作業なので
プログラマーに見積もりを依頼しましたが
100万という返事でしたので
四半世紀ぶりに統計の教科書と格闘中です

そんなこんなで 本格復帰までは
若干 お時間を頂きたいのですが
頭でっかちのプログラマーよりは
センスのよいモデルは作れていると思っていますので
(思っていないと作業を続ける気力が・・・)
しばしお待ち下さいませ


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ

posted by ulysseus at 20:26 | Comment(2) | 馬連方程式2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ulysseus 作『ほぼ週刊 競馬つれづれなるままに』は
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

楽天ウェブサービスセンター