スポンサードリンク


2017年12月13日

競馬学概論_多変量解析からのアプローチ

こんばんはulysseusです
大変ご無沙汰しておりました

暮れも押し迫るなか
どうしても書いておきたい事を
つれづれなるままに書き記します

結論から先に書きますと今年は
Jさま主催の馬券をほとんど買うことがありませんでした(苦笑
去年の9月より 広東語の学習を始め
競馬予想に時間を割くことが
難しかった事も確かですが 実は...

香港ジョッキークラブの開催する競馬の方が
この予想理論があっていると言うか
しっくりきてしまったので
もっぱら そちらを購入しております


2017年12月10日は香港国際競馬が開催され
日本馬の活躍を期待する言説が散見されましたが
私は・・・(苦笑
こんな馬券を買ってから その日の午後
広東語の授業に向かいました

20171210st.png

(ツイッターで似たような画像があるかもしれませんが
ソレは私がアップしたものです)


近年 日本の馬券術のトレンドとして単純確率
(的中率とか回収率とか複勝率などの期間を区切った中の平均)を
前面に出した物が席巻しているように見て取れます

それを持って確率論やら統計リテラシーなどと
誇張をする輩が多いのですが
しかし本当に確率的統計的に正しい分析をしているのか
はなはだ疑わしいと 私は思っております(笑


では 何が確率統計的に正しく
それら単純確率を論破できるか
徹頭徹尾・鋭意研鑽を積んで
着順方程式などを公開していた次第です(苦笑


その結果と言うか進化系が上記画像の
香港のシャティンで行われたレースの馬券でして・・・


1着を当てる馬券術と
1・2着を当てる(連対,馬連)馬券術と
複勝を当てる馬券術と...等など
本来ならこれらの馬券術の理論はリンクすることはあれ
コアの理論は おのおの違って当然なはずなのに
味噌もクソ一緒した
単純確率を元にした確率論や統計リテラシーなどを

クソ味噌一緒にするな!

と 声を大にして言いたかったので
色々と考察をしてみた一年です(笑


Jさまで通用するか
検証してみなければなりませんが
馬券術は単純なほど
つまり 当てるために理論をこねくり回さない方が
当たりやすいって誰かが言っていました(笑


追伸
ロジスティック回帰です


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ



posted by ulysseus at 22:52 | Comment(0) | 競馬学概論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ulysseus 作『ほぼ週刊 競馬つれづれなるままに』は
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

楽天ウェブサービスセンター
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。